鹿児島の治療食・介護食・非常食、一般食材、食肉加工・販売

アサヒ物産株式会社/治療食・介護食・非常食、食肉加工、販売

お知らせ

NEWS

研修会に参加しました

2019.08.16

2019年7月18日川薩地区老施協栄養士研修会に防災士 松林と田中管理栄養士が参加しました。
近隣の養護老人ホーム、特別養護老人ホームの栄養士さんが14名参加されました。
会場を眺めると皆さん日頃よりお世話になっているお客さんでした。

養護老人ホームほのぼの苑立志施設長より挨拶があり、
そのあと防災士の松林より『食べることは生きること』の講演が始まりました。
いつものように『自助=自分の命は自分で守る』からスタート。

県内では大雨や災害が続いているので、栄養士のみなさんは熱心にペンを走らせています。

例えば1時間雨量で、
1mmは傘を持たない人が傘をささなくても我慢できる程度。
2mmの雨は、はっきりとした雨。ほぼ100%傘をさす。
5mmの雨は強い雨。傘をもっていても出歩くのをためらう。
10mmの雨は3分先のコンビニにも行きたくない位の雨。
これらから推測すると1時間に80mm、100mmは想像を絶する大雨が降るので
天気予報やニュースなどの情報は自分から取りにいくようにお願いしました。

講演後は、ほのぼの苑の東事務長の計らいで非常食の試食をおこないました。
ひだまりパン、UAAハンバーグ、サバの味噌煮、肉じゃが、アルファ化米五目ご飯でした。
栄養士さんから「おいしい」「食べられるネ」と大好評でした。
野菜ジュースで作った五目ご飯もおいしかったです。

非常食の受注や発注の担当をしている田中管理栄養士も
栄養士さんの質問やお悩みにお答えしました。

研修会終了後、ある栄養士さんが
「現在水の備蓄はあるが、本当にこれで足りるのか不安」といったお悩みも。
話しを聞けばその方は熊本地震で被災した経験があり、とても心配されていました。

「備えあれば憂いなし」と言いますが、何が起こるかわらないこの世の中。
『ゼロよりは1。』『1よりは10。』
少しづつでも備蓄をおこない、そしてシュミレーションを繰り返し、もしものために備えましょう。

参加された栄養士さん、ほのぼの苑の施設長、事務長、栄養士さん、羽生さんお世話になりました。
ありがとうございました。


熱心に講演する防災士 松林(常務)188cm56才

真夏の揚げ物

2019.07.12
暑い夏の揚げ物ってたいへんですよね。 でも大丈夫。アサヒにお任せください。

暑い夏にフライヤーで揚げ物をしたくない。みなさんの気持ちはよくわかります。
そんな時はアサヒの「K&T油調済み揚げ物シリーズ」はいかがですか?
油調済み」って聞いたことありますか? すでに油で揚げてある完成品です。
調理は簡単。湯煎またはスチコンで加熱するだけです。
これを使えば、あの熱いフライヤーから解放されます。

今回発売したのは4種類。
K&T チキンカツ(油調済) 30g×10個入
K&T メンチカツ(油調済) 30g×10個入
K&T 牛肉入りコロッケ(油調済) 30g×10個入
K&T じゃがいもコロッケ(油調済) 30g×10個入
(ハムカツは取り扱っておりません)

かわいいサイズ(1個30g)なので「ミックスフライメニュー」や「お弁当」にベストサイズです。

ここでみなさんに「油調済み」のメリットを4つお教えします。

作業時間の短縮下処理→衣つけ→油調(一部)の作業時間を短縮(時短)できます。
品質の向上 温めるだけなので誰が調理しても均一な仕上がり。時短した分、盛付けや衛生などに集中でき食事の品質向上につながります。
安心安全 油調済みなので中心までしっかり加熱済み。 食中毒や油によるヤケドのリスクも減ります。
コストの削減 ガス代などの光熱費や油、食材、パン粉など原料も不要。コスト削減につながります。

みなさん、「油調済み」のすばらしさがお解かり頂けましたか?

みなさまのご注文をお待ちしております。
価格はお電話にてお問い合わせください。(そこの綺麗なお姉さん、安くしまっせ)

調理方法》沸騰したお湯に本品を袋ごと入れて10〜15分間加熱してください。又はスチームコンベクションの場合98℃で冷凍のまま15分間加熱してください。

成分表はこちらをクリックしてください

〖祝・初出場〗NHKのど自慢

2019.07.01
アサヒ楽団昌ちゃんず座長 宮万次郎がNHKのど自慢に出演しました

NHKのど自慢(2019年6月30日 日置市より生中継)でわれらがアサヒ楽団昌ちゃんず座長の宮万次郎(本名:宮満)が「島人ぬ宝」(BEGIN)を熱唱しました。
900枚のハガキ選考、予選250組の中から本選20組に初めて選ばれました。これまで16才、17才、25才と予選までいきましたが惜しくも落選。今回念願の本選初出場となりました。
1200人の観客を前にさすがの宮ちゃんも緊張の面持ち。脳梗塞で倒れて2年。家族に迷惑を掛けましたが父ちゃんは元気になったぞ。家族のみんなありがとうの気持ちを込めて歌いあげ、みごと鐘が3つ会場に鳴り響きました。鐘が鳴った直後は頭の中が真っ白になり何が起きたかわからなかったそうです。また倒れなくてよかったです。
宮さんのチャレンジは終わりません。これからもハガキを書き続けます。
ガンバレ宮ちゃん!みんな応援しています。

災害と非常食の講演をしました

2019.06.27

2019年6月26日防災士の松林が霧島市の重症心身障害児(者)施設の職員研修会で「災害と非常時の食事」のテーマで講演をしました。

自助=自分の命は自分で守る』からスタート。自分の命が守れなければ家族も施設の人たちも助けることはできない。自宅、職場の近辺で起こりうる災害を予測しそれに対応するマニュアル作成とシミュレーション(訓練)を繰り返すことが重要である。非常食は長い賞味期限よりもそれを食べる人の状況に応じた食材を備蓄する。その為の『ローリングストック法』も伝授しました。
研修会終了後、「興味深くためになる研修会でした」「災害をあまく考えていました」「火事の避難訓練以外にも、海も桜島も近い施設なので地震や津波に対応する訓練も必要だと感じました」と感想をいただきました。一人でも多くの命を守れるよう防災士 松林は今後もがんばります。

画像1:若尊鼻(桜島は雲の後ろに隠れています) 画像2:旧田中別邸(当日休館でした(T_T)) 画像3:夫婦銀杏(しあわせそうなカップルがいました)
福山って見るところも多く、海も近くて最高です。松下美術館にも行きました。


講演の様子(絶好調!)

長い間お疲れ様でした。

2019.06.21

令和元年6月20日

私がアサヒ物産に入社した当時からお世話になった病院の調理員の方が退職されました。35年お勤めされたとお聞きしました。
入社当時私は独身。その後結婚、子供が生まれましたがその度に自分のことのように喜んでくださいました。
最近は年に数回しかお会いできませんでしたが、会う度「○○ちゃんは何年生だね。元気にしてる? 彼氏ができたんじゃない?」みたいに話しかけてくださいました。
私が担当していた当時のお客さんはみなさん退職されました。また昭和の灯がひとつ消えたような寂しい気持ちになりました。
「年末のギフトは買うからね」と言われましたのでまた半年後にお会いしましょう。
本当に長い間お疲れ様でした。そしていっぱい、いっぱい買ってくださりありがとうございました。感謝の気持ちを込めて・・・

アサヒ物産在宅サービス部移転のお知らせ

2019.06.01
『新』在宅サービス部(郡山配送センター) 鹿児島市有屋田町520-1 電話(099)245-6566

武岡にありました「治療用食品・介護用食品のお店  あさひ」は2019年5月31日をもちまして閉店致しました。
永年のごひいきありがとうございました。
「あさひ」での商品販売・ご注文受付けの業務は「郡山配送センター」にて継続致します。
お電話(099)245-6566 fax(099)245-6556です。

場所は鹿児島北インターより国道3号線を川内方面へ車で約20分。ドライブがてらお越し頂けましたら幸いです。
(地図は事業所案内のコーナーにて参照ください。ナビに設定の際は電話(099)245-6555をご入力ください)

営業時間は朝9時より夕方5時までです。
お休みは日曜・祝日です。土曜日はお休みの事が多いのでお電話にてご確認の上お越しください。
ちなみに6月は土日すべてお休みになります。

管理栄養士が在駐しておりますので、皆さまの食事に関する相談、栄養指導、商品の説明などお受けします。時々不在の時もありますので、ご相談の際はお電話にてご予約ください。もちろんお電話での相談も受け付けます。

お越しの際は先にお電話にてご注文内容をお知らせ頂けましたら到着までの間にご用意しますので待ち時間がなくスムーズにお買い求めいただけます。たくさんの商品を在庫していますが一部取寄せの商品もございます。ご了承ください。

近くに「神之川温泉」、「都市農村交流施設チェスト館」、「スパランドら・ら・ら」もあります。いっしょにいかがですか?

今後ともよろしくお願い致します。

在宅サービス部     責任者 田中 真由美(管理栄養士)

 

熊本へ旅行にいきました

2019.04.26
2019年3月16、17日熊本県玉名温泉に行ってきました

晴天に恵まれた朝、社長と従業員と実習生79名は2台のバスに乗車して配送センターを出発しました。
会社を出ると同時にバスの中に響き渡る“プッシュ〜〜〜”という音。今年も朝から「ビール祭り」が始まりました。
そして最初の休憩(トイレ)は「桜島サービスエリア」まだ出発して40分です。あなたビール飲み過ぎよ。


鹿児島空港で鹿屋営業所の7名と合流し、バスは熊本市内に向け高速道を走ります。“プッシュ〜〜〜”

熊本城・桜の馬場 城彩苑では「オニ盛りいちごソフトクリーム」の甘さとおいしさにニッコリです。




(アサヒ物産の美女軍団heartイエイ)
その後熊本ワイン工場でワインの試飲、田原坂公園・西南戦争資料館で歴史の勉強もしました。
さぁ宿泊は名湯玉名温泉「ホテルしらさぎ」です。
源泉かけ流しの温泉でポカポカに温まり、いよいよ旅の主役「宴会」です。

配送センターの経理の永澤君の司会でスタートし、社長より「毎年旅行に行けるのはみなさんが一生懸命がんばってくれたから。来年も行けるよう引き続き頑張ってください」と挨拶。
続いて郡山工場の有馬君が第2子を授かった報告と乾杯の音頭を取りました。
しばらく飲んで食べた後宴会を盛り上げるのは、「アサヒ楽団昌ちゃんず」です。

先ずは「部署対抗紙飛行機を遠くへ飛ばせ選手権」各部署から2名参加して紙飛行機を遠くへ飛ばすトーナメント戦です。まずは社長による始飛式。その後紙飛行機が宴会場を飛び回ります。
高く飛びすぎて天井の照明にひっかかるアクシデントも発生cheeky結果は鹿児島市内営業グループの優勝でした。おめでとうlaughパチパチ。


(左:工場長、右:優勝の市内営業チームの一員)

次は座長の宮万次郎の演歌の熱唱。昌ちゃんずのメンバーもバックで座長の唄を盛り上げます。


(アサヒ楽団昌ちゃんず 座長 宮万次郎と昌ちゃんずの仲間たち)

その後カラオケ大会に突入。おいしい料理とお酒でおなかも満足し、最後に常務の「来年も旅行に行けるようがんばろ〜!」コールで締めくくりました。


  (今門社長とアサヒの愉快な仲間たち)
(社長!顔が半分切れました。スミマセン)crying
17日は蓮華院誕生寺 奥之院を参拝

(社長と工場の男性従業員と実習生(一部))
三池炭鉱万田坑を見学し、きくすいの里でお昼ごはんを食べて帰ってきました。
2日間楽しい旅行でした。来年もまた行けるようみなさんがんばりましょう。

お世話になりました南国交通のみなさん、ホテルしらさぎのみなさん、案内や説明をしてくれたおじさん達、ビールや酎ハイやおつまみを協賛してくださいましたメーカーさん、車屋さん、銀行さんありがとうございました。楽しかったよぉ〜〜〜yes

《おまけ》常務を探せ! 11枚の画像の中に松林常務が1枚だけ写っています。ど〜〜〜こだ。

10期実習生送別会

2019.03.05
3年間頑張って働いてくれた10期実習生の送別会をおこないました

2019年3月4日、ちょうど3年前に中国から実習生として鹿児島へ来てくれた5名の送別会がおこなわれました。
今門社長より労いの言葉、そして中国へ帰ってからも元気で幸せに、また鹿児島へも遊びに来てくださいと挨拶があり、
郡山工場で作ったおかず、従業員の方が作ってくださったおにぎりや実習生が作った巻きずしなど豪華な食事をいただきました。
おなかが満腹になったら恒例の竹下品質管理室長手作りのDVDの上映です。毎回手の込んだDVDを記念に作るのですが今回はサプライズあり、そして工場の従業員全員の参加で最高のDVDができました。
最後に11,12期生よりお別れの唄「再見」ザイジィェン(さようなら)を熱唱。涙のお別れとなりました。(いつも工場長泣くのに今年は泣かなかったね)

10期生のみなさん。3年間つらい事もありましたね。でも旅行や新年会、バーベキュー大会、海水浴、花見など楽しい思い出もいっぱいできたことでしょう。
中国に帰っても元気で、そしていっぱい幸せになってください。
ありがとうございました。お疲れ様でした。

第1回地域福祉フェスタinくまげに参加しました

2019.02.18
「利用者の皆様の思いに寄り添ったケアを行うために日々取組んでいることをもっと知って頂きたい」そんな気持ちを持った熊毛地域の介護・障害・児童関係の福祉施設・事業所や関係団体、行政が一体となりフェスタは開催されました。

2019年2月17日「第1回地域福祉フェスタinくまげ」の応援に坂下第1営業部長と田中管理栄養士の2名が種子島を訪れました。

フェスタには福祉関連施設のスタッフや施設利用者、住民の方々239名が来場されました。

アサヒ物産はサンプルやパンフレットを配布、同時に「介護食試食体験」として、「ハウス やわらか倶楽部」と「フードケア エプリッチドリンク」の試食・試飲をしました。
介護食の試食では、「いつも利用者が食べている介護食を食べてみたかった(飲んでみたかった)」
「あ〜アサヒ物産ね。知ってる〜」という声も聞かれて有意義な展示・試食体験となりました。
介護食の感想は「おいしい」⇔「いまいち」の反応が半々でした。(メーカーさんもっと頑張って)

ちなみに、地元で特産品を作っているアサヒ物産という会社があるようでそこと間違えるお客さんもいらっしゃいました(笑)
今回は日帰りの強行突破でしたが、また次回はゆっくりと種子島のお客様へあいさつに伺いたいと思いました。(ロケット発射も見たいな)

栄養士会の研修会に参加しました

2019.02.04

2019年2月3日鹿児島女子短期大学で開催されました栄養士会の研修会でサンプルの配布と新商品の紹介をしました。

時折雨の降る中100名以上の栄養士さんと9社のメーカーや問屋の参加でした。
アサヒ物産田中管理栄養士よりバランスの新商品「やさしく・おいしくカロビタンゼリー」と大塚食品「マンナンヒカリ」、H+Bライフサイエンスの「オリゴワン オリゴ糖シロップ」などの商品説明をしました。